汚肌からの解放

汚肌からの解放

ニキビ・毛穴・超脂性肌の三重苦を背負った女が荒れ狂う肌に立ち向かい、産まれたての赤ちゃんのような美肌を取り戻すまでの戦いの記録。たまにダイエットも。

【最強のビタミンC誘導体】APPSって?市販で買えるAPPS化粧水はコレ!

f:id:bihadarevolution:20180925145048j:plain

 

毛穴といえばビタミンC誘導体。

ニキビといえばビタミンC誘導体。

美白といえばビタミンC誘導体。

みたいなとこありませんか?私もそうです。とりあえずビタミンC誘導体入りの化粧水買っとけば間違いないかなみたいな感じです。

 

ビタミンC誘導体にはいろいろな種類がありますが、その中でも最強のビタミンC誘導体と言われるAPPSという成分をご存知ですか?

 

 

ビタミンC誘導体とは?

 

そもそもビタミンC誘導体とは、「ビタミンC」の安定性や浸透力を高めた成分です。

ビタミンCはニキビや美白などといった様々な美容ケアに効果的な成分なのですが、肌への浸透が悪く、壊れやすいという弱点がありました。

その弱点を克服したのが「ビタミンC誘導体」です。

 

ビタミンC誘導体の主な特徴は以下の通りです。

 

  • 持続性・安定性に優れている

ビタミンCは壊れやすく、水に流れやすいという弱点があります。

しかしビタミンC誘導体は、肌に浸透してからビタミンCに変化するので、その効果が持続・安定しやすいことが特徴です。

 

 

  • 肌の角質層まで浸透

従来のビタミンCは肌への浸透力が課題でした。

しかし、水溶性ビタミンC誘導体はビタミンCの8倍の浸透力、脂溶性ビタミンCに至ってはビタミンCの20倍の浸透力があり、肌の角質層までしっかり浸透してくれます。

 

 

  • 抗酸化作用が高い

ビタミンCは抗酸化作用がありますが、酸化しやすい特徴があるので、その効果が発揮されにくいという特徴があります。

その点ビタミンC誘導体は酸化しにくい性質があるため、強力な抗酸化作用を発揮します。

 

ビタミンC誘導体には、皮脂の分泌をコントロールする働きや、美白効果、コラーゲンの生成をサポートする効果などが期待できます。

 

皮脂の過剰分泌をコントロールすることによって、毛穴の黒ずみの原因となる角栓や皮脂詰まりが徐々に解消され、ニキビの改善にも繋がります。

また、ビタミンC誘導体の美白効果により紫外線やターンオーバーの乱れによるメラニン毛穴にも効果が期待できます。やはりビタミン万能。

 

 

APPSとは?

 

ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性があります。化粧水や美容液に配合されているのは水溶性が多く、乳液やクリームに配合されているのは油溶性が多いです。

この水溶性と油溶性の両方の性質を持ったものがAPPS(アプレシエ)です。

即効性が高い水溶性と、浸透力の高い油溶性の両方の特性を生かした成分になります。

 

APPSは従来のビタミンC誘導体に比べ、遥かに高い角質への浸透性を持っており、その浸透性は水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われています。

 

従来はイオン導入をしないと届かないと言われていた肌の奥までビタミンCを届けられると注目されている成分です。

 

ただ、これだけ万能なAPPS化粧水は、当然のことながら価格が高いです。貧乏人にはハードル高め。

APPSが配合されている化粧水の数はまだそこまで多くないですが、市販のものでも探せばいくつかはあります。

裏の成分表に「パルミチン酸アスコルビンリン酸3Na」と表示のあるものがAPPS配合の化粧水です。

 

市販のAPPS化粧水

 

上述したようにAPPS化粧水は、基本的に高いです。プチプラAPPS化粧水というのは基本的にはないですし、そもそもAPPS化粧水自体も店頭で販売しているものはあまり見かけません。

あったとしてもネット限定で販売されているパターンが多いですね。なんかステマ臭いような感じのやつです(偏見)

 

そんな中でも今回はドラックストアで買える、比較的私のような貧乏人でもプルプル背伸びすれば何とか手が届く価格帯のものをご紹介します。

 

f:id:bihadarevolution:20180925164045j:plain

150ml 5,076円(税込)

 
「APPS化粧水 市販」などで検索すると、少ないながらもさまざまな情報が出てきますが、わりとドクターシーラボのVC100エッセンスはちょくちょくおすすめされてることが多い印象ですね。

 

VC100エッセンスローションは、肌にうるおいとハリを与え、なめらかな肌に整えてくれるAPPS化粧水です。

さらには19種類のアミノ酸や3種類のコラーゲン、ヒアルロン酸などの豊富な美容成分を配合しているため、保湿力も折り紙付きです。

 

これでもかというほど贅沢な美容成分が配合されています。私にあと少し財力があったら絶対買う。

私は脂性肌なのであれですけど、乾燥肌の方にも好評なようですよ。相当もっちりするみたいです。

 

化粧水というより、この贅沢さはもはや美容液に近いですね。テクスチャーも美容液みたいなとろみのある感じのようです。

 

f:id:bihadarevolution:20180925172524j:plain

200ml 1,058円(税込)

 

驚きの安さ。でもって私が喉から手が出るほど欲しいやつです。周りでどこにも売ってないんですよこれ。

 

こちらは、まず2種類のビタミンC誘導体が配合されています。APPSに加え、水溶性ビタミンC誘導体(グリセリルアスコルビン酸)のW配合です。

それに加えてプラセンタ・セラミドなど14種類の美容液成分も配合されてます。死ぬほどコスパ良いです。

ちなみにテクスチャーはジュレみたいなぷるぷるの液体みたいです。

 

うるおいと透明感に一役買ってくれそうなのはもちろんなんですが、どうやらこれ、ニキビニキビ跡にも良いらしいです。気になる木。

口コミでもなかなか高評価ですし、書き込みを見ると結構美容について色々調べてる人が使ってる印象があります。

 

とはいえプチプラなんで配合されているAPPSは微々たるものな気もしますが、そうは言ってもプチプラのAPPS化粧水は私の知る限りでは今のところ素肌しずくだけなので、試す価値は十分にあると思ってます。

 

こっちのAPPSの化粧水じゃなくて、別シリーズのプラセンタの方の化粧水ならよく見かけるんですが、APPSの方がどこにも売ってないんですよね。

通販で買えばいいんですが、何となく自分で手に取って買いたいみたいな変なマイポリシーがあり。

 

何だかんだ欲しい欲しい言って1年以上経ってる気がします。次見つけたら絶対買います。誰か使ったことのある方いたらぜひ感想求む(全力懇願)。

 

まとめ

 

というわけで、ビタミンC誘導体の中でもAPPSはバリバリに最強なのです。

ガチめに素肌しずくは絶対に試したいです。正直APPSでこの値段は破格です。例え微々たる量しか入ってなかろうとその他の成分もかなり贅沢ですし。

 

プチプラのビタミンC誘導体化粧水・美容液部門は今のところメラノCCが個人的に殿堂入りですが、素肌しずくにその座を引きずり落とされる日ももしかしたら近いかもしれないです。