汚肌からの解放

汚肌からの解放

ニキビ・毛穴・超脂性肌の三重苦を背負った女が荒れ狂う肌に立ち向かい、産まれたての赤ちゃんのような美肌を取り戻すまでの戦いの記録。たまにダイエットも。

【実際に検証】”泥練洗顔”は毛穴やニキビに効果なし?

f:id:bihadarevolution:20180901004347j:plain

口コミでも話題のクレイ洗顔『泥練洗顔』。

ニキビ・毛穴・テカりの全てに効果があると言われる無敵のクレイ洗顔ですが、その中でも『泥練洗顔』が口コミでも話題のようなので、実際に試してみました。

泥練洗顔って?

 

泥練洗顔は、クレイ(泥)タイプの洗顔料です。

メーカー公式サイトでは、毛穴汚れ、テカり、くすみ、ニキビに効果を発揮すると記載しています。

全部なんとかして欲しいですね。どれか一つでも改善されれば御の字です。

 

泥練洗顔には6種類の泥がブレンドされています。

泥がぴったり肌に密着するので、そのまま汚れをしっかり吸着させて、毛穴の根本から汚れをオフします。

 

泥練洗顔には、以下の3種類の使い方があります。 

1.ねりねり洗顔

泥練洗顔に少量の水を加えてペースト状に練ってから使います。

毛穴汚れを吸着するには泡立てるよりもこの方法が一番適した洗い方です。

 

2.濃い泡洗顔

泥練洗顔を泡立てて洗顔する方法です。

ふんわり泡立てることによって、肌を刺激せずに洗うことができます。

 

3.濃密泥パック

パックとしても利用できます。泥練洗顔をそのまま顔に塗って使用します。 

1本で3通りの使い方があるのはありがたいですよね。

私は主にねりねり洗顔と濃密泥パックを使いました。

 

ちなみにそれぞれの洗顔タイプは、こんな人に向いているようです。

1.ねりねり洗顔:普通肌・混合肌・脂性肌

2.濃い泡洗顔:乾燥肌・敏感肌

3.密着泥パック:肌のゴワつき・毛穴のざらつきが気になる人

 

実際に泥練洗顔を試してみた

 

というわけで、実際に泥練洗顔を使ってみました。

ちなみに朝・晩2回使用してるのですが、半年ほど使った今もまだなくならないです。コスパはめちゃめちゃ良いです。

 

基本はペースト状で洗顔をして、たまに気が向いたら小鼻にパックしてます。

 

肝心の効果のほどは、まずニキビテカりにはぼちぼち効果ありました。

泥練洗顔を使い始めた時期からなんとなくニキビができにくくなったのは実感してます。

泥練洗顔の前はオルビスのクリアシリーズ(大人ニキビ用)の洗顔を使っていたので、少なくともそれよりは効果があったということですね。

 

あとはテカリも抑えられたような気がします。日中のテカリ抑えはさすがにこれだけでは限界がありますが、洗い上がりが乾燥しない程度にさっぱりしてて『洗い上がったァーーッ!』って感じがしました(伝われ)

超乾燥肌の方はもしかしたら多少つっぱるかもしれません。

 

ただ、肝心の毛穴は微妙でした。

気持ち黒ずみが薄くなったようなならないような・・・目に見える効果は残念ながら感じられませんでした。

ただ、黒ずみのざらざら感はなくなった気がします。黒ずみそのものが消えることはありませんが、ざらざらは消えます。

 

あと、くすみ抜けはめちゃくちゃ感じました!

肌の黄色っぽさがなくなってきたというか、とにかく前よりもくすみが抜けたんですよね。これは結構実感しました。

 

総合評価

 

ニキビ ★★★★
テカリ ★★★★★
毛穴 ★★★★
透明感 ★★★★★

 

こんな感じですかね。

いちご鼻に効果があるかと聞かれたら、正直即効性は期待できないと思います。

ただ、口コミでは毛穴汚れが改善されたとのコメントもあるので、 継続して使用していけば効果が表れるのかもしれません。私の小鼻が相当頑固なのでしょう。

 

また、人によっては洗い上がりの乾燥が気になるとの口コミもあったので、乾燥肌の方はペースト状ではなく、しっかり泡立てて使用した方が良さそうです。

 

泥練洗顔と似た洗顔でいえば、ビーグレンのクレイ洗顔もおすすめです。

さすが値段と口コミ評価が高いだけあって、洗い上がりのさっぱり感ともっちり感は良き感じでした。

 

 

でも正直、泥練洗顔とビーグレンの使い心地や効果はあんまり変わらない印象でした。

コスパを考えるとわたしはやっぱり泥練洗顔の方をおすすめします。