汚肌からの解放

汚肌からの解放

ニキビ・毛穴・超脂性肌の三重苦を背負った女が荒れ狂う肌に立ち向かい、産まれたての赤ちゃんのような美肌を取り戻すまでの戦いの記録。たまにダイエットも。

美肌になれるお酒って?飲むだけで美肌に近づける?

f:id:bihadarevolution:20180913183716j:plain

 

皆さんお酒は好きですか?私は大好きです。

アルコールは肌に悪いとか、逆に美肌には良いとか、いろんな噂がありますよね。

お酒の飲みすぎは肝臓に負担が掛かりますが、適度な量であれば血液循環が良くなり、肌の新陳代謝が高まるため、美肌にも貢献してくれるのです。

というわけで、今回は美肌効果のあるお酒についていくつかご紹介したいと思います。

美肌効果のあるお酒

 

ワイン

f:id:bihadarevolution:20180913183716j:plain

 

美肌のお酒と言えばワインみたいなイメージありませんか?

実際ワインに含まれるポリフェノールは、体内の活性酸素を除去してくれるので、アンチエイジング効果が期待できます。

さらにポリフェノールにはニキビの原因となる最近の増殖を抑える効果もあるんです。確かにワイン飲んだ次の日は、新しいニキビ出来たことないかもしれません。肌つやも良いですし。ちなみにポリフェノールは、白ワインよりも赤ワインに多く含まれています。

 

あと、白ワインに多く含まれているカリウムは、老廃物を排泄するデトックス効果があります。肌のターンオーバーが促されるので、くすみや肌荒れを防ぐ効果もあるんです。

 

それに加えてワインにはビタミンミネラルも豊富に含まれているので、もう美肌効果のオンパレードですね。

ちなみにワインの苦みとか渋みが苦手な方は、サングリアがおすすめです。フルーツが漬け込まれているので、食物繊維やビタミンも摂取でき、さらなる美肌効果が狙えますよ。

 

 

ウィスキー

f:id:bihadarevolution:20180914135904j:plain

 

ポリフェノールと言えばワインのイメージが強いかもしれませんが、実はウィスキーにも含まれています。シミの原因となる酵素を抑制する働きがあるので、美白効果が期待出来ます。

 

また、ウィスキーは糖質が圧倒的に低いです。100mlあたりに含まれる糖質の量は、ビールが3gなのに対してウィスキーはほとんどゼロです。

 

ですので、最初の一杯目にはビールじゃなくてハイボールがより良いです。

個人的には”とりあえず生”じゃなくて、”とりあえずハイボール”の文化を定着させたいところです。

 

日本酒

f:id:bihadarevolution:20180914130817j:plain

 

最近米麹パックとか、日本酒の化粧水なんかもよく見ますよね。

日本酒の原料である米麹には、シミやそばかすの原因となるメラニン色素を抑制してくれる麹酸が含まれているため、美白効果が期待できます。

 

また日本酒には体を温める効果もあるので、肌表面の血行も良くなり、肌つやを良くしてくれます。さらには日本酒に含まれるアミノ酸は、お肌に保湿力を与え艶やかにする美肌効果があります。

つやのあるもちもち美白肌になれるなんて最強じゃないですか?お酒が強めの人はガブ飲みしましょう(危険です)

 

 

マッコリ

f:id:bihadarevolution:20180914130501j:plain

 

マッコリは甘いのでカロリーは高そうなイメージがあったんですが、実は100mlあたり50kcal以下とめちゃめちゃヘルシーなんですよね。

日本酒と同様に麹酸による美白効果もある上、美肌効果のある乳酸菌もたっぷり含まれています。マッコリ1本あたりに含まれる乳酸菌は700~800億個と言われていて、ヨーグルト100個分に相当するらしいです。

腸内環境が改善するので、ニキビなどの改善にも有効です。

 

それに加え、マッコリに含まれる乳酸やクエン酸などはシミやソバカスの予防にも効果的です。

あの癖のある甘ったるい感じが苦手な場合は、フルーツ系のジュースで割ると多少飲みやすくなりますし、ビタミンCも摂取できるのでさらに美肌効果も狙えますよ。

 

 

ビール

f:id:bihadarevolution:20180914124553j:plain

 

最初の乾杯といえばビールが鉄板ですよね。とりあえず生で間違いないです。

ビールにはビタミンB群をはじめとした、ミネラル、タンパク質などがバランスよく含まれているので、美肌や代謝を促進する効果があるのです。

 

ですが、実は飲みすぎはあまり良くありません。美肌にというより、ダイエット的な面であまりよろしくないです。

ビールって実は結構高カロリーなんですよね。中ジョッキ一杯で約200kcalもあります。5杯飲んだら1000kcalです。怖過ぎ。

 

とはいえ、どうしてもビールをがぶ飲みしたい時ってありますよね。そういう時は、レッドアイがおすすめです。

レッドアイのカロリーは一杯約50kcalなので、ビール単品よりも遥かにヘルシーです。さらにトマトジュースで割っているので、美白成分のリコピンも摂取できます。良いことずくめです。

 

 

甘酒

f:id:bihadarevolution:20180914140651j:plain

 

お酒じゃないですけど、甘酒にも美肌成分が多く含まれてます。

特に砂糖が使われていない、お米と麹で作られた甘酒がより良いですね。

 

甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養素が高く、美容にも効果的な成分がたくさん含まれています。

細胞を再生し肌荒れを解消する効果のある「ビタミンB2・B6」、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる「麹酸」など、美肌に効果的な成分がたっぷり入っています。

 

美容だけではなくて健康にも良いので、手軽にアンチエイジングをしたいという女子からも結構人気のようですよ。

 

気を付けるべきお酒

f:id:bihadarevolution:20180914143140j:plain

 

美肌とは少しずれるかもしれませんが、甘いカクテルやサワーはカロリーが高いので要注意です。

ほとんどのカクテルが一杯100kcal以上はあり、中でも定番のカシスオレンジは180kcal以上もあります。

 

あまり飲み過ぎないように注意した方が良いですが、飲む際には生絞りのものを選ぶことをおすすめします。

柑橘系果物のビタミン類と食物繊維が摂れるので、より美肌には良いです。

 

まとめ

 

何だかこうして見ると、大抵のお酒が美肌に良い気がしますね。

飲み過ぎは体に毒ですが、適量のお酒は美容にも健康にも役立つってことですね。

 

一説によれば、薬などを飲む際に「これを飲んだら絶対効く!」という気持ちで飲むと、潜在意識効果により、普通に飲むよりも3倍の効果があるみたいです。思い込みってスゴイ。

 

絶対美肌になれると思って飲めば、本当に美肌になれるかもしれません。

積極的に洗脳しましょう。