汚肌からの解放

汚肌からの解放

ニキビ・毛穴・超脂性肌の三重苦を背負った女が荒れ狂う肌に立ち向かい、産まれたての赤ちゃんのような美肌を取り戻すまでの戦いの記録。たまにダイエットも。

「肌の漂白剤」ハイドロキノンって何?実際に使用した結果

f:id:bihadarevolution:20180912165742j:plain

 

基本的に、肌が白すぎて困ることは無いですよね(持論)。

美白ケアに奮闘されている方ならお馴染みの存在である、 ”肌の漂白剤”こと「ハイドロキノン」を知っていますか?

 

 

ハイドロキノンって?

 

ハイドロキノンは”肌の漂白剤”とも言われており、美白有効成分として知られるビタミンCやアルブチンの10~100倍の美白効果のある成分です。

 

シミを作り出す酵素を抑え、これからできるシミを予防するだけではなく、今あるシミに対しても効果を発揮します。

メラニンはどんどん酸化していくうちに茶色に変化しますが、こうした茶色になったメラニンを薄くする力があるのが、ハイドロキノンの特徴です。

 

効果が表れるまでは肌質やシミの濃さ、ハイドロキノンクリームの濃度などにより様々ですが、早ければ数週間~1ヶ月程度で効果が現れることもあります。

 

日本では2%までの配合が厚生労働省により許可されているため、市販の化粧品にも含有されたものが販売されています。それ以上の濃度のハイドロキノンは病院での処方が必要ですが、現在は市販でもさまざまなハイドロキノンクリームが販売されています。

 

ハイドロキノンの選び方 

 

ハイドロキノンクリームの配合濃度は多くは1%~4%ほどですが、一般的には濃度3%以下のものが安全性が高く、刺激も少ないと言われています。

敏感肌の方や初めて使用する方は、濃度1~3%のハイドロキノンクリームが無難です。

 

濃度4%以上になると、人によってはかぶれたり、ピリピリする場合があります。

中には濃度10%のハイドロキノンも通販等で販売されていますが、肌があまり強くない方の場合、高確率でかぶれや赤みなどの副作用が伴う可能性があるので安易に手を出すのは危険です。

 

個人で購入する際は、必ずハイドロキノンの配合量を確認し、自身の肌状態などと照らし合わせて検討しましょう。

 

敏感肌や乾燥肌の方は、まずは3%以下の低濃度のものを選択するのが安心です。

 

ハイドロキノンの副作用ってどんなもの?

 

赤み・炎症

 

ハイドロキノンは強力な成分です。上記でも述べたように、敏感肌の方は特に赤みやかぶれ、炎症などが起きやすいです。

また、特に敏感肌などではない方でも、ハイドロキノンが体質に合わない方だとアレルギー症状を起こす場合があるので、まずはパッチテストで様子を見ることを強くオススメします。

 

シミの悪化

 

ハイドロキノンは紫外線に弱いので、ハイドロキノンを塗った状態で紫外線に当たると、シミが悪化することがあります

高濃度のハイドロキノンが医師の処方を必要とするのは、シミが悪化する副作用が報告されたためと言われています。

 

基本的に日中のハイドロキノンクリームの使用は厳禁です。さらに日頃からSPF20以上の日焼け止めクリームを必ず塗るなどといった対策は必須になります。

 

白斑症状

 

ハイドロキノンは効果が強力すぎる故、濃度の高いものを長期間使用し続けると、ハイドロキノンを塗り込んだ部分が白く色抜けしてしまうことがあります。

イメージとしてはこのような感じです。

 

f:id:bihadarevolution:20180912181203j:plain

 

ちなみに濃度5%以下のハイドロキノンでは今のところこうした白斑症状は報告されていないようです。

高濃度のハイドロキノンを使用すること自体は問題ありませんが、長期間にわたる使用は避けた方が良さそうです。

 

使用上の注意点

 

使用量は必ず守る

 

ハイドロキノンクリームは基本的に顔全体に塗るのではなく、シミや色素沈着がある部位のみに塗布します。

具体的な塗る回数や量などといった使用方法は、メーカーにより異なります。

 

白くなりたいからと言って塗り込み過ぎてしまうと、上記のような白斑になってしまう可能性もあります。

自己判断ではなく、必ずメーカーが推奨する用法・容量を守って使用しましょう。

 

紫外線対策を忘れない

 

上記の副作用でも述べましたが、ハイドロキノンは紫外線を浴びると、シミやそばかすを悪化させてしまう働きがあります。

ハイドロキノンクリームは、日中の使用は厳禁です。夜に塗布したクリームは、朝の洗顔時にしっかり洗い流しましょう。

また、日中以外の使用の際は、たとえ室内であっても、必ず日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を万全に行ってください。

 

使用期限内に使い切る

 

ハイドロキノンは光や熱に弱く、酸化しやすい性質があります。

そのため、開封後はしっかり蓋を閉め、冷暗所に保管する必要があります。

 

使用期限は製品によって異なりますが、一般的には1~3ヶ月であることが多いです。

長期間にわたり使用を続けると、肌そのものが刺激に弱くなってしまうケースがまれにあるからです。

 

使用期限を過ぎてしまったハイドロキノンは、安全のため使用を控えた方が無難です。

 

実際に使ってみた

 

使用したハイドロキノンはコレ

 

私が実際に使用したハイドロキノンは、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9です。

f:id:bihadarevolution:20180831174530j:plain

こちらのハイドロキノン濃度は1.9%です。

 

ビーグレンのハイドロキノンはただのハイドロキノンではなく、リポソームという皮膚の構造を再現したカプセルにハイドロキノンを閉じ込めた、「Qusome化ハイドロキノンというものになります。

Qusome化ハイドロキノンは非常に浸透性の高い成分で、少量の使用でも高い効果が期待できます。

配合濃度は1.9%ですが、4%と同じ効果が期待できるというデータも実際に報告されているようです。

 

ちなみに通常のハイドロキノンの場合は部分的にしみなどに使用しますが、ビーグレンのハイドロキノンクリームは顔全体用に使用可能です。

 

効果はあった?

 

クリームは伸びの良いテクスチャーなので、少量でも顔全体に行き渡ります。だいたいパール一粒大くらいでOKでした。

 

使用頻度に関しては実は結構まちまちで、毎日塗っていた時もあれば半月に一回塗るか塗らないかの時もありました。

ちなみにまちまちだった理由は、顔にニキビがあったからです。何となくニキビを完治させてから塗り始めたいみたいなよくわからないマイポリシーがありました。

 

そんな使い方ですので、効果については正直さほど期待はしていなかったのですが、結論から言うと、思ったより効果ありました。

 

目に見える効果を実感したのは、使用を始めてから2ヶ月ほど経った頃くらいからですね。

「あれ?そういえば何となく白いかも。」みたいな感じです。色々な美白化粧水などを使用してきて微々たる効果を実感したものはありましたが、ビーグレンに関しては多少なりとも確実に白くなったと断言できます。

 

また、ニキビ跡も薄くなった感じがしました。色素沈着型のニキビ跡だったので、ハイドロキノンの成分が上手く作用してくれたんでしょう。

 

あと、保湿力も結構あります。ハイドロキノン自体は肌が乾燥しやすい性質があるのですが、ビーグレンに関してはそんなことなかったです。

 

実は今もビーグレンのハイドロキノンクリームは使用中です。使用頻度がまちまちだったため、何だかんだ1年以上は持ってます。

 

本当はハイドロキノンは3ヶ月ほどで使用を中止しなければいけないのですが、ビーグレンのメーカー担当者によれば長期使用も可能とのことだったのでガシガシ使ってます。

開封から1年以上経過というのは本来あまりよろしくないのかもしれませんが、見たところクリームが劣化している様子もなく肌トラブルも特にないので使っちゃってます。何より白くなるし。

 

ちなみにビーグレンに関しては洗顔と化粧水も使用していましたが、いずれも結構優秀でした。やっぱり値段なりの効果は多少あります。

 

 

結論

 

色々なメーカーからハイドロキノンは出ていますが、ビーグレンは刺激も少なく、低濃度でも白さを実感できたんで結構優秀だと思いました。

ニキビ跡が薄くなったのは本当に嬉しかったです。どんなビタミンC誘導体入りの美容液を使っても(といってもプチプラしか使ってませんが)全然消えなかったのにブラボーです。やはりハイドロキノン強し。

 

ちなみに楽天で調べると濃度10%で1,980円とかのものもありますけど、やっぱある程度ちゃんとしたメーカーのが安心ですよね。白斑になったら怖いですし。

 

とは言いつつも貧乏なので何だかんだそのうち手を出しそうな気もします。買ったらまたTwitterにでもアップしてレポします~

 

Twitter@goodbyeohada