汚肌からの解放

汚肌からの解放

ニキビ・毛穴・超脂性肌の三重苦を背負った女が荒れ狂う肌に立ち向かい、産まれたての赤ちゃんのような美肌を取り戻すまでの戦いの記録。たまにダイエットも。

【貼るだけで治る】”ニキビパッチ” は効果ある?大きめニキビは治らない?

f:id:bihadarevolution:20180910133432j:plain

「ニキビパッチ」って知ってますか?

我らニキビ界隈ではもはやメジャーなアイテムですね。

日本ではまだそれほど知名度が高くないですが、韓国では定番のニキビケアアイテムです。

ニキビの上に一晩貼っておくだけで、翌朝にはニキビが小さくなるというキズパワーパッド的なやつですね。

 

顔面ニキビ天国の私の場合、顔中がテープまみれになるんじゃないかという懸念はありましたが、物は試しでとりあえずニキビというニキビに貼り付けてやりましたので、その時の効果のほどをご紹介します。

 

 

ニキビパッチって?

 

ニキビパッチとは、ニキビを治すためのシールです。

一般的なほとんどのニキビパッチには、アクネ菌を殺菌する「イソプロビルメチルフェノール」と、抗炎症作用のある「β-グリチルレチン酸」が含まれています。

 

また、ニキビの上からシールでカバーするので、外部の刺激から守るという意味でもニキビパッチは有効なのです。ちなみにニキビパッチの上から化粧もOK。

 

日本ではニキビを治すといえば塗り薬がメジャーですが、韓国ではニキビパッチを顔に貼って街を歩いている方もたくさんいます。

K-POPアイドルもニキビパッチを日常的に使用してますね。

 

f:id:bihadarevolution:20180910132843j:plainf:id:bihadarevolution:20180910132829j:plain

f:id:bihadarevolution:20180910132859j:plain

 

パッと見どこにあるか全然わかりませんよね。

ニキビパッチは透明なものもあれば茶色のものもあったりと、種類は様々です。

 

それにしても韓国の方は本当に肌キレイです。男性とは思えないですよね。フォトショか何か使ってるんでしょうか?なんだか自分が惨めになります。。

 

ちなみにニキビパッチが効果を発揮するニキビは、赤ニキビ・黄ニキビです。

これらのニキビは炎症が主な原因ですので、殺菌作用や抗炎症作用のあるニキビパッチは有効ですが、それ以外の白ニキビや黒ニキビにはあまり効果がありませんので種類を見極めて判断しましょう。

 

一番良かったニキビパッチはコレ

 

ニキビパッチにはスキンフードネクスケアなど様々ありますが、私が一番総合的に良いと思ったのがイッツスキンのニキビパッチです。

f:id:bihadarevolution:20180910133432j:plain

60枚・850円

 

イッツスキン ニキビパッチの口コミ・評判

 

 

 

 

 

実際に使用してみた

 

イッツスキンのニキビパッチは透明なタイプです。1シート12枚×5つで、全部で60枚入りです。パッチは小さめのパッチが6つと、大きめのパッチが6つ入っているので、比較的どんな大きさのニキビにも対応できます。

 

私の体感ですが、さまざまある中でイッツスキンのニキビパッチが一番薄いです。私がニキビパッチに求める一番のポイントは、パッチの薄さでした。

パッチが薄いということは、それだけ目立ちません。夜のみ使用の場合はあまり薄さにこだわる必要はないかと思いますが、私の場合はあわよくば日中もくっつけたままほっつき歩きたいという願望があったので、目立ちにくさは最重要でした。

 

肝心の効果のほどは、正直劇的に治ったということはありませんでした

と言っても、小さめのニキビなら翌日には赤みが引いている感じはありました。

が、大きめニキビやこれからさらに炎症しそうなニキビには、はっきり言って目を見張るほどの効果はありませんでした。翌朝も大して変わりないといった感じです。これなら皮膚科の塗り薬の方が私には治りが良かったように感じました。

 

 

そこで私は、塗り薬+ニキビパッチという合わせ技を使いました。

上記の記事で紹介したディフェリンを塗った上からニキビパッチを貼って就寝した方が、翌朝の治りは圧倒的に早かったです。

 

正直ニキビパッチ単体ではどのメーカーのものも治りに関してはあまり大差ありませんでしたが、目立ちにくさ・剥がれにくさなどのコンシーラー的な役割に関してはイッツスキンは優秀だと感じました。

まず透明タイプの割には光沢が抑えられているため、そのままでも目立ちにくいです。自然に肌にフィットする感じで、予想していたよりもパッチの主張が無く良かったです。 

 

しかし、パッチの上から化粧をしても目立たないかと言われれば、正直微妙なところではあります。

いくら目立たないとはいえシールの上から化粧をするので、ファンデーションとの相性が物凄く重要になるからです。

 

ニキビパッチの上から化粧をするとなると、パッチを貼っている部分とそうでない部分の境目にファンデーションが溜まりがちです。気を付けないと皆既日食になります。

 

f:id:bihadarevolution:20180910160048j:plain

 

そういったことにならないためにも、極力厚さの薄いニキビパッチを選ぶことは重要なのです。

上から重ねるのであれば、日食防止、テカり防止のためにもパウダリーファンデやフェイスパウダーで重ねることをおすすめします。

 

ちなみにニキビパッチの上から化粧をするのであれば、貼るニキビパッチよりも「塗るニキビパッチ」の方が圧倒的に良いです。

 

特にこちらのリカバークリアパッチは口コミ評価も高く、上からパウダーを重ねればほとんど目立ちません。

 

f:id:bihadarevolution:20180910161033j:plain

 

塗るニキビパッチの詳細については、また後日紹介記事を書きたいと思います。

 

また、ニキビパッチと似たような商品で言えば、はるコスメから販売されている「メイクができる絆創膏」も、ニキビ隠しには一役買ってくれるのでおすすめです。

 

 

 

結論 

 

というわけで、貼るニキビパッチ部門の中では今のところはイッツスキンに軍配が上がるかなといった感じです。

ですが、正直どれもあまり大差はありません。ニキビを治すことが目的であれば塗り薬との併用を、隠すことが目的であれば塗るニキビパッチの使用を現時点ではおすすめします。