汚肌からの解放

汚肌からの解放

ニキビ・毛穴・超脂性肌の三重苦を背負った女が荒れ狂う肌に立ち向かい、産まれたての赤ちゃんのような美肌を取り戻すまでの戦いの記録。たまにダイエットも。

Let's 温活!バリリゾート風の温泉&岩盤浴『リスパ印西』をガチ常連が紹介

f:id:bihadarevolution:20181115164722j:plain

私、昔から温泉とか岩盤浴の類のものが大好きなんです。

最近『温活』というのも流行ってますよね。

私も最近は寒くなってきたので、2週に1回は温泉とか岩盤浴に行ってます。OLのささやかな週末の楽しみです。

 

そんな感じで私のような温活に勤しむデトックス女子や、ちょっと疲れたから週末にリラックスしたい方、草津温泉とまでは行かずとも手軽にリゾート気分を味わいたい方などなど、もうガチめに全人類に布教したいスパがあるんです。

 

外観・フロントがもはやリゾート

 

私が死ぬほどゴリ押しな温泉は、千葉県印西市にある「リスパ印西」です。

東京駅から電車で約1時間で、印西牧の原駅から徒歩すぐの場所にあります。うちからは車で30分かからないので、週末のたびに通い詰めてます。

f:id:bihadarevolution:20181115170833j:plain

(出典:https://mrs.living.jp

入口から漂うリゾートホテル感。めちゃめちゃおしゃれです。よくある街の健康ランドとは大違いですよ。

リスパ印西はバリ風リゾートをテーマにしてます。外観もテンション上がりますが、室内もTHEインスタ映えです。

 

f:id:bihadarevolution:20181115171718j:plain

(出典:https://asoview-trip.com

 中に入るとこんな感じ。フロントです。しゃれおつですね。

f:id:bihadarevolution:20181120133201j:plain

(出典:https://asoview-trip.com

みんなここで結構まったりしてます。

 

利用料金

 

リスパ印西の利用料金はこんな感じです。

  • フルプラン

平日 :1,800円(税込)
土日祝:1,950円(税込)

 

フルプランは温泉、岩盤浴、サウナ、プールが全部利用できます。あ、プールもあるんですよ。

タオルとか館内着も勿論ついてますし、身体洗うタオルとか髪ゴムとかも全部あるんで本当身一つで行けます。

ネットで前売り券買うと200円安くなります。私はいつも前売り券買ってます。

 

 

  • ナイトスパ

平日 :1,200円(税込)
土日祝:1,350円(税込)

 

ナイトスパは18時以降の利用の場合ですね。夜料金です。

 

 

  • シンプルパック

平 日 :大人  950円
     子供  800円
   55歳以上  800円
土日祝 :大人  1,050円
     子供  950円
   55歳以上  950円

 

これは岩盤浴以外の利用料金ですね。

ちなみに子供は小学生未満は入館できません。なので結構静かな雰囲気です。

 

とまあ一見普通の健康ランドとかに比べるとやや高めに感じるかもしれませんが、いやいや。全然安いです。

これからリスパ印西のやばみをガチ勢が熱く語るので聞いて下さい。始めに言いますが長くなりますよ。

 

源泉かけ流し中心の天然温泉

 

何よりも風呂がヤバいです。あ、ちなみにこれから紹介するのは女性風呂なので男性はちょっと違うかもしれませんので悪しからず。

お風呂の種類は女性風呂が全11種類、男性風呂が全10種類らしいです。

 

まずこれが室内風呂。パノラマです。全面ガラス張りで外の景色が一望できます。

f:id:bihadarevolution:20181115173908j:plain

(出典:https://www.enjoytokyo.jp

ちなみに内風呂はこのパノラマ風呂のみです。広いです。雨の日に行くとこれしか入れないことになるので要注意。

で、スゴイのが外風呂。

f:id:bihadarevolution:20181115175303j:plain

(出典:https://asoview-trip.com

バリです。notジャパン。

まさにリゾートですよね。晴れの日の外風呂はまじで最高です。住みたい。

f:id:bihadarevolution:20181115184928j:plain

(出典:https://lineblog.me

どうやら聞いたところによれば、リスパ印西の温泉は有馬温泉に近い泉質をしているらしい。ほー。

f:id:bihadarevolution:20181115185119j:plain

(出典:https://asoview-trip.com

これがよく一人で入るような坪のやつですね。

f:id:bihadarevolution:20181115185145j:plain

(出典:https://asoview-trip.com

このお風呂隠れ家みたいでお気に入りです。これはあんまり熱くなくて入りやすいです。

f:id:bihadarevolution:20181115185317j:plain

(出典:https://www.enjoytokyo.jp

これは、立ったまま入る温泉なんですよね。プールみたいな感じです。

 

f:id:bihadarevolution:20181115185604j:plain

(出典:https://asoview-trip.com

あとこれお気に入りです。ヒアルロン酸風呂です。見た目おうちみたいで可愛い。

夏はプラズマ風呂、冬はコラーゲン風呂になります。

f:id:bihadarevolution:20181115185908j:plain

(出典:https://asoview-trip.com 

夏はこんな感じでブルーのお風呂だけど、冬はピンクのお風呂です。肩こりとか腰痛の人が重宝する、ビビビって電気出るゾーンもあります(伝われ)。あれ好きです。

 

中庭には足湯ゾーンも

 

リスパ印西の中庭では足湯を楽しめます。

お風呂入りにじゃなくてレストランのみの利用の人でも、足湯は入り放題です。

ちなみにレストランのみの場合は入館料とかいらないですよ。ご飯代だけでOKです。

f:id:bihadarevolution:20181120132220j:plain

(出典:https://respa-inzai.jp

ここが吹き抜けの中庭で、この周りにあるのが足湯になってます。

f:id:bihadarevolution:20181120132402j:plain

(出典:https://asoview-trip.com 

ここも全部天然温泉です。

 

f:id:bihadarevolution:20181120132508p:plain

(出典:https://ameblo.jp 

夜の中庭の雰囲気がめちゃめちゃ良い感じなんですよ。ここでワインとか飲みたい。

 

何とプールもあり

 

リスパ印西、温泉だけじゃありません。

プールもありますよ。更衣室から温泉に行く道とプールに行く道があって、着替えたら直でプールまで行けます。

f:id:bihadarevolution:20181119184958j:plain

(出典:https://www.enjoytokyo.jp

f:id:bihadarevolution:20181119185216j:plain

(出典:https://respa-inzai.jp

プールも同じくもアジアンリゾートな雰囲気です。

ちなみに夏はナイトプールもやってます。

f:id:bihadarevolution:20181119190248j:plain

出典:https://www.mcs-kirei.com

f:id:bihadarevolution:20181119185053j:plain

出典:https://www.enjoytokyo.jp

追加料金とか払わずに(フルプランの場合)温泉もプールも入り放題ですよ。最高すぎます。

 

7種類の岩盤浴とサウナ

 

サウナはお風呂内にもあるんですが、基本的に館内着を着たまま入る男女混合のサウナゾーンがあります。

まずはこの麦飯石サウナです。

f:id:bihadarevolution:20181120122926j:plain

出典:https://www.enjoytokyo.jp

だだっ広い部屋のど真ん中にアツアツの麦飯石があり、各々好きな場所に寝転んでリラックスします。麦飯石に近い方が当然ながら熱いです。

遠赤外線とマイナスイオンの効果で、じんわりいい汗かきます。

ちなみに携帯、飲み物、マンガ(館内のもの)基本何でも持ち込み可です。私もここでよくマンガ読み漁ってます。

 

他にも洞窟みたいな「マグマサウナ」は雰囲気あります。

f:id:bihadarevolution:20181120123440j:plain

出典:https://www.enjoytokyo.jp

寝っ転がるタイプのわりと暑めの「岩塩サウナ」。室温70度です。

f:id:bihadarevolution:20181120123610j:plain

(出典:https://asoview-trip.com 

ちょっと体を冷ましたいときの「霧サウナ」もあります。室温マイナス2度です。

f:id:bihadarevolution:20181120123714j:plain

 (出典:https://asoview-trip.com 

ほかにもサンゴサウナとか硫黄サウナとかいろいろ。

あとは体が火照ったときの「冷風サウナ」もあります。サウナというより休憩ルーム的な感じですね。

f:id:bihadarevolution:20181120124516j:plain

 (出典:https://respa-inzai.jp

ここの2つしかないハンモックはだいたい争奪戦です。あと外のテラスもあります。

f:id:bihadarevolution:20181120124628j:plain

(出典:https://asoview-trip.com 

外風に当たりたいときはここでお昼寝。まじで快適です。 住みたい。

 

あと、岩盤浴は女性専用の部屋があります。男性の皆様ゴメンヨ。

f:id:bihadarevolution:20181120125504j:plain

(出典:https://www.supersento.com 

まるでプラネタリウムですよね。至福のひとときです。

ちなみに岩盤浴は全然熱くないです。じんわり温かいような?みたいな感じです。サウナが苦手でも岩盤浴はある程度の時間は入っていられると思います。

 

ここでよくLINEマンガとかピッコマとか数時間読み漁ってることもあります。

 

リラックススペースが快適すぎる

 

リスパ印西は基本1階がお風呂とサウナ、2階がリラクゼーションスペースになってます。

2階にあるライブラリーには、マンガや雑誌が約5000冊あるそうで。めっちゃマンガあるよ。読み放題。

f:id:bihadarevolution:20181120125205j:plain

出典:https://www.enjoytokyo.jp

ここのマンガはサウナなどに持ち出しOK。

あと、このビーズクッションがヤバい。人をダメにする。

土日の午後なんかは結構混みますけど、ビーズクッションも結構な数あるので今まで使えなかったってことは無いです。まあなかったら地べたで我慢しましょ。

 

他にもよくあるリクライニングチェアでテレビ見れる部屋とかもありますよ。

 

エステ・マッサージでリラックス

f:id:bihadarevolution:20181120132110j:plain

出典:https://www.enjoytokyo.jp

もちろんリラクゼーションとエステもあります。

f:id:bihadarevolution:20181120131042j:plain

(出典:https://asoview-trip.com  

ここの奥の扉の向こうがエステゾーンです。特別感がスゴイ。

f:id:bihadarevolution:20181120131220j:plain

(出典:https://asoview-trip.com 

ラクゼーションはボディケア、リフレクソロジー、タイ古式療法があり、エステに関しては全て完全個室です。

 

ラクゼーションの「ラフィネ」って聞いたことありますか?

全国にリラクゼーションスペースを運営してる大手会社なんですけど、リスパ印西を運営してるのもラフィネなんですよね。なのでマッサージの技術は折り紙付きです。

 

2種類のレストラン。バイキングもあるよ

 

リスパ印西には2つのレストランがあります。

レストランのみの利用に関しては入館料はいらないです。

  •  カフェ マッシモ

f:id:bihadarevolution:20181120132807j:plain

(出典:https://respa-inzai.jp

ここはアジアンメニューとかカフェランチ系のレストランですね。

お洒落な感じの料理がいっぱいです。アルコールもあります。

 

  • トータルダイニング アグン

f:id:bihadarevolution:20181120133434j:plain

 出典:https://www.enjoytokyo.jp

こっちはバイキングです。多分圧倒的にこっちのが人気ですね。

90分制で料金は大人の場合ランチ1,480円 、ディナーは1,680円です。

 

アジアンエスニック料理を中心とした約50種類の料理が好きなだけ食べ放題です。

カレーとか肉料理とかめっちゃあります。デザートのケーキもあります。

f:id:bihadarevolution:20181120133835j:plain

(出典:https://asoview-trip.com 

2つあるレストランでもわたしは圧倒的にこっち推しです。

 

女子会や家族連れに使える個室も

 

家族とかカップルとか女子会向けに使える個室もあります。

ソファ、テレビ、露天風呂が付いてて超ホテルみたいな感じの部屋です。

f:id:bihadarevolution:20181120134458j:plain

(出典:https://twitter.com 

個室の種類が5つあって雰囲気もいろいろ。

f:id:bihadarevolution:20181120134548j:plain

(出典:https://asoview-trip.com 

レストランからルームサービスを頼んで食事を持ってきてもらうこともできますし、完全プライベートで個室エステを受けることもできます。

 

f:id:bihadarevolution:20181120134817j:plain

(出典:https://respa-inzai.jp

露天風呂がまじヤバい。

 

料金は微妙にお高めかも。けど、一回利用してみる価値はあると思います。

  • 90分:3,900円
  • 180分:6,500円
  • 300分:10,400円
  • 延長:30分につき1,300円

 

個人的に地味に嬉しいポイント

 

とまあここまでリスパ印西のヤバみを長々と語ってきたわけですが、個人的に地味~に嬉しいポイントがいくつかあるんですよ。お風呂屋さんとかよく行く方は共感してくれると思います。

 

ガチで手ぶらでOK。身一つで行ける

風呂屋さんって、バスタオルとかも込みのフルプランとはいえ、身体洗うあかすりタオルは基本持参なところが多いじゃないですか?別途販売してたりとか。

女子の場合でロングヘアの方は地味に髪ゴムとかくしとかも持ってかなきゃいけないですし。

 

でも、リスパ印西は完全に身一つでOKです。

髪ゴム、くし、あかすりタオル、カミソリ、歯ブラシなどなどが、入館のときにご自由にどうぞ的な感じでもらえます。

こういう痒い所に手が届くのが地味に助かるんですよね。

 

アメニティーPOLA

これはまじで全女子が共感してくれると思うんですけど、お風呂屋さんのシャンプーは基本髪がギシギシのパサパサになりますよね。

リンスインシャンプーのところとか最悪です。

 

ですがリスパ印西は、アメニティー関連全てがPOLAです。洗顔、化粧落としも全部POLAです。

 

あと、お風呂上りの化粧水とかもPOLAなんですが、嬉しいのがヘアオイルとかボディーローションもあるところ。ここまで細やかな気遣いのところあります?

f:id:bihadarevolution:20181120140656j:plain

(出典:https://asoview-trip.com 

ヘアオイル、地味に必要ですよね。ボディーローションまでPOLAなの贅沢すぎます。

 

シャワーとドライヤーの仕様が神

これもめちゃくちゃ地味ポイントなんですが、温泉のシャワーって基本10秒くらいしたら止まりませんか?髪洗ってる途中でシャワー止まるのとかあるあるですよね。

最初のうちに10回くらいボタン連打しといてシャワー止まんないようにするのとかやりません?

 

リスパ印西のシャワーは、嬉しいことに家庭用と同じ取っ手を回す式のシャワーです。快適。

 

あと、ドライヤーもなんかずっとボタン押しっぱなしにしなきゃいけないのとか、風力めっちゃ弱いのとかありませんか?ロングヘアの方、地味にストレスですよね?

 

これも、リスパ印西はちゃんとボタンスライドさせてモード切り替える普通のドライヤーです。

こういう地味に嬉しいポイントがあるんですよね~。 

 

スタンプが溜まる

風呂屋さんって意外とポイント貯められるところ少ないんですよね。

リスパ印西は入館するたびにスタンプが溜まって、スタンプ20個で入館が1回無料になります。

常連には嬉しいです。ちなみにフルプランの利用だとスタンプ2個付きます。

 

まとめ

 

というわけでめちゃくちゃ長々とリスパ印西への愛を語ってきたわけですが、どうですか?ヤバくないですか?あ、決してリスパ印西サイドの回し者とかじゃないですよ。

 

東京からもそう遠くないですし、週末にリスパ印西で丸一日有意義な時間を過ごしてみるのもアリじゃないでしょうか?お一人様も全然いますよ。私とか。

 

ガチで全人類におすすめしたいリゾートスパなので、一度ぜひリスパ印西行ってみてください。

一人サウナでマンガに没頭してる20代くらいの女子を見かけたら、おそらくそれは私です。