汚肌からの解放

汚肌からの解放

ニキビ・毛穴・超脂性肌の三重苦を背負った女が荒れ狂う肌に立ち向かい、産まれたての赤ちゃんのような美肌を取り戻すまでの戦いの記録。たまにダイエットも。

【毛穴クレンジング対決】”スキンビル” VS ”毛穴撫子”

f:id:bihadarevolution:20180906155722j:plain

 

私の鼻、まさにこんな感じです。

毛穴対策のクレンジングといえば、スキンビルかマナラが結構有名ですよね。この2つの比較記事なんかはよく見かけますが、実は結構毛穴撫子が優秀というのをご存知ですか?

改めて見てみると、毛穴撫子の検証記事ってあんまりないんですよね。

 

というわけで、今回はスキンビルVS毛穴撫子のデュエルです。毛穴撲滅を掲げた熱き戦いが、今始まります。

 

 

2つのクレンジングを比較

 

黒ずみを駆逐すべく、これまでに尽くした手段は数知れません。

毛穴パックを始めとし、市販のピーリング品から話題のオリーブオイルパックまで、大方のものには手を出しました。

しかしこれまで目に見える効果が感じられたものは、残念ながら何1つとしてありませんでした。どうもこの黒ずみは断固として私の毛穴から出ていく気はないようです。

 

ですので今回クレンジングだけで毛穴詰まりや開きが改善するかというのは疑問ではありましたが、あまり期待はせずに試してみました。

 

スキンビル

 

f:id:bihadarevolution:20180906172701j:plain

200g・1,886円

口コミでもかなり人気ですよね。マナラとよく引き合いに出されてますね。話題のホットクレンジングです。

 

温感作用で毛穴を開かせることにより、余分な汚れや皮脂を浮かせて落とすというものですね。ホットタオルと同じような感じです。なんでも吸着ミネラルなどの美容液成分が99.7%入ってるようです。もはやほぼ美容液。

テクスチャーは水飴みたいな感じでこっくりしたジェルです。そこまでするする伸びるという感じではないです。

 

塗るとじんわり顔がぽかぽかしてくると言うので、早速マスカット1粒大を顔にくるくると馴染ませてみましたが、あれ、全然温かくならない。

ちなみに私はどんなに良いと言われる化粧品さえも無効化してしまうような強力な肌の持ち主なので、あーまたこれも効かなかったかーてな感じでこの時点で半分諦めてました。

 

しかし、使い方が悪かったんですね。

使い方というより、環境ですかね。スキンビルが温まる条件は、室内の温度と湿度が関係しているようでした。

洗面所ではなくお風呂場で使用してみたところ、じんわりポカポカを無事体感することができました。暖かい室内、なおかつ湿気の多い場所で使うと良いようです。

 

肝心の効果のほどは、正直あまり感じられず。

それ以前に、クレンジング力が弱いです。逆に言えば肌に優しいんでしょうけど、アイメイクが落ちない。口コミでもマスカラが落ちないって声が多数挙がってますね。

 

まあそれは良いとしても、毛穴の黒ずみが解消されたかと言えば正直「?」な感じです。

毛穴の開きに関しては、うーん多少目立たなくなったような気もするようなしないような。要するに劇的な効果はないってことですね。

 

ただ、肌はめちゃめちゃもっちりします。私は特に乾燥肌とかではないんですが、クレンジングでここまでもっちりするのは正直初めてかもしれません。さすがほぼ美容液。

多分乾燥肌の方もスキンビルなら洗い流し後つっぱるってことはないんじゃないでしょうかね。このもっちり具合にはちょっと感動しました。

 

なので、乾燥により毛穴の開きが目立つタイプの方には、わりとわかりやすい効果が表れそうな気はしましたね。

 

毛穴撫子

f:id:bihadarevolution:20180906181451j:plain

150ml・1,620円

まずこのパッケージに惹かれました。鼻のいちご毛穴と頬のみかん毛穴、まさに私の汚肌そのものです。

あとこのキャラクターの切ない顔が何とも言えません。長年毛穴に悩まされてきたのでしょう。激しく共感です。

 

毛穴撫子のクレンジングには、重曹が含まれています。

重曹は、肌の角質を柔らかくする効果があります。重曹を含んだミルクが毛穴に詰まった皮脂や角栓を浮かせ、角質をゆるめながら汚れを落としてくれるのです。

毛穴撫子のクレンジングは、重曹が含まれているといっても粉感があるわけではなく、トロっとした一般的なミルククレンジングと同じようなテクスチャーです。

 

ぶっちゃけ言います。黒ずみが解消されたかと言えば微妙です。

けど、なぜかこれを使うとニキビができない。

 

洗い上がりはツルツルします。 スキンビルよりも毛穴撫子の方が化粧落ちも良いし、さっぱり落ちるといった感じです。

あと、化粧乗りが良くなった気がするんですよね。肌のゴワゴワ感がなくなったと言うか、肌が柔らかくなったような実感は確かにあります。

 

全体的に肌トラブルが落ち着く感じですね。当初の目的である毛穴撲滅とはなりませんでしたが、毛穴撫子を使っている間はトータル的に肌調子が安定していました。

 

結論

 

正直、毛穴の黒ずみや開きが改善されたかといえばスキンビルも毛穴撫子も微妙ではありました。

しかし、毛穴撫子のクレンジングは毛穴対策以外のところで思わぬ美肌効果がありました。重曹の角質柔軟成分のお陰ですかね。嬉しい誤算です。感謝感謝。

 

f:id:bihadarevolution:20180906190012j:plain

 

 全体的な肌調子を安定させたい方にとっては、毛穴撫子は一度使ってみる価値はあると思います。

毛穴撫子自体に美肌作用があるというよりかは、角質を柔らかくすることでその後の化粧水などが入りやすくなったのでしょう。

継続して利用すれば毛穴にも効果があるかもしれません。もう少し引き続き様子を見ることとします。