汚肌からの解放

汚肌からの解放

ニキビ・毛穴・超脂性肌の三重苦を背負った女が荒れ狂う肌に立ち向かい、産まれたての赤ちゃんのような美肌を取り戻すまでの戦いの記録。たまにダイエットも。

水光肌を作るには?人気のクッションファンデ2選!

f:id:bihadarevolution:20181016132935j:plain

韓国では定番の「水光肌」。

水光肌とは、その名の通り潤って内側から光り輝いているようなつやつやな肌のことを言います。

が、これ、一歩間違えるとただの顔面オリーブオイルになるので要注意です。

 

水光肌って?

 

水光肌とは上述した通り、水を浴びたように輝いている肌のことを言います。

韓国では定番の美肌メイクらしいです。

f:id:bihadarevolution:20181016133642j:plain

(出典:https://www.qoo10.jp

 

こんな感じで、ツヤとハリがあり透明感がある肌のことです。

 

日本でもツヤ肌は流行ってますが、どちらかと言えばマットな肌が主流な気がします。アンチテカりみたいな風潮ありますよね。私もそうです。

 

ですが、韓国ではツヤのある肌こそが美肌の基準となっています。

マットな肌だと”乾燥している肌”というイメージを持たれてしまうようです。へぇ~。

 

ただこの水光肌メイク、一歩間違えればただのテカテカな肌になるので気を付けた方が良さそうです。

 

水光肌メイクのコツは?

 

水光肌の作り方や使用する化粧品などは本当にたくさんありますし人によってもいろいろと違うので、今回は水光肌を作るためのコツらしきものを紹介します。

 

スキンケア

水光肌は、メイク前のスキンケアから重要です。とにもかくにも保湿!保湿!です。

コットンではなく手で化粧水をつけ、しっかり浸透させます。

最後に美容液や乳液を塗ってしっかり水分を閉じ込めます。普段夜のスキンケアしか美容液や乳液などを使わない場合でも、水光肌メイクの前にはしっかり付けます。

 

下地

下地はパール感のあるもの or ピンク色のものを選びます。

水光肌に使用するファンデーションはナチュラルなものになるので、下地の段階で色ムラやくすみをカバーできるタイプが良いです。

 

塗る場合は頬などの赤みが気になる部分を重点的に塗ります。コンシーラーを使っても可。

繰り返しますがファンデーションにカバー力のあるものは使用しないので、クマやニキビ跡のいらないものはあらかじめ隠しておきます。

 

Tゾーンなどのテカリが気になる部分には塗りすぎないことです。水光肌ではなくただのテカり肌になります。

  

ファンデーション

ファンデーションは、肌の生っぽさが出るように薄付きのものを使用します。

ポピュラーなのはクッションファンデですね。美容液成分がたっぷり入っているものが多いので、肌にツヤと潤いを与えてくれます。

 

あとはリキッドファンデにボリューマーを加えるのもOKです。

ボリューマーとは、手持ちのファンデーションに混ぜることでツヤ感を出すためのコスメのことです。

ボリューマーの中でも特にエチュードハウスのボリューマーは結構人気ですね。

 

・エチュードハウス:ニンフオーラボリューマー

f:id:bihadarevolution:20181016141614j:plain

1,667円

 

リキッド:ボリューマーで「3:1」くらいで丁度良いらしいですよ。

付けすぎるとギトギトになるので要注意。

 

ちなみに基本的にフェイスパウダーは使いません。

 

ハイライト

仕上げとして、Tゾーンや目尻、頬骨の辺りなど、光が当たる部分にハイライトを重ねていきます。

パウダータイプのものより、クリームやオイルなどの練り状のものの方が肌への密着が高まるため、自然なツヤになります。

 

ちなみに上記で紹介したボリューマーもハイライトとして使えるので万能ですよ。

日中化粧崩れが気になって少しツヤ感をプラスしたい時などもボリューマーは使えます。

 

人気のクッションファンデはこの2つ

 

ツヤ肌を出すクッションファンデの中でも特に人気が高いのが以下の2つです。

どっちも韓国ブランドのものですが、この2つは韓国でも日本でもずっと不動の人気ですね。

 

  • ミシャ:クッションファンデーション

f:id:bihadarevolution:20181203162644j:plain

15g(レフィル)・850円 / 15g・1,000円

 

ミシャは有名中の有名ですよね。

プラザとかでも宣伝コーナーみたいなところによく置いてありますし、クッションファンデといえばミシャみたいなところあります(個人的に)。

 

最近ミシャのクッションファンデから新しいシリーズが出ましたね。

 

  • ミシャ:クッションファンデ プロカバー

f:id:bihadarevolution:20181203162850j:plain

よりカバー力がアップしたようです。

実は私もこの間これを買おうとしました。が、テスターで試してみたところ色がちょっと暗かったので諦めました。

そもそも冷静に超脂性肌なのでやめておいて大正解だったのですが。

 

で、もう一つのクッションファンデがこれ。

 

  • キルカバーファンウェアクッション

f:id:bihadarevolution:20181203163127j:plain

 ¥2,970

 

カバー力がめちゃくちゃ高いらしいです。

48時間カバーが持続するそうで、仕上がりはツヤっぽく、時間が経つほどにマットに近づくらしいです。乾燥肌はもちろんですが、脂性肌でもいけそう。

私もクッションファンデを買おうか悩んでいた時、ミシャとこっちで悩みました。

 

この2つはわりと不動の人気なので、どっちかを選んでいればそれほど大失敗することはないと思います。

 

一歩間違えるとテカテカ肌に?

 

ツヤ肌とテカり肌は紙一重です。

ツヤを出したいがあまり、やりすぎるとピッカピカになります。

 

f:id:bihadarevolution:20181016154819j:plain

これは韓国人的にはOKなんですかね?

 

ツヤとテカりの違いは、個人的にはテカってる部分と面積の問題だと思います。

光の当たる部分Tゾーンや頬骨のあたりがほんのり光ってる程度なら”ツヤ”と見なすのですが、この写真みたいに過剰に顔全体がぴかぴかしてるのは完全に”テカってる”って印象になりますよね。

 

あとはテカり具合に関わらず、毛穴が開いてると「テカり」に感じます。

毛穴レスな肌が光ってると「ツヤ」に見えるかなーと個人的には思いますね。 

 

まとめ

 

というわけで、ツヤ肌を求めるあまりやりすぎるとただの油田になるので注意しましょう。

 

特に脂性肌の方は加減が難しいですよね。脂性肌でもキレイなつやのある水光肌には憧れるんですよ。

私みたいに時間が経つと肌に天然のツヤ(別名:脂浮き)が出て来るタイプの方は、メイク後数時間経過した頃の肌の状態を想像して、ちょっと控えめに化粧するようにした方が良さそうです。

 

やりすぎると数時間後、地獄を見ることになります。